フォレスターとエクストレイル

フォレスターとエクストレイル

スバルの一番大きなクロスオーバーSUVとなるフォレスターは今回のモデルで大きく変わりました。

 

先代までもデザイン的にはクロスオーバーSUVらしいスタイルを持っていたのですが走行性能がどちらかといったらオンロード志向で、クロスオーバーSUVらしいオフロードでの性能がいまいち発揮できないようなつくりになっていました。

 

しかし、4代目となるフォレスターはオンロードでの走りもおさえつつ4WDシステムをさらに進化させオフロードマシン並の悪路走破性を持つこととなりました。

 

エンジンは2リッターエンジンだけで、新旧取り混ぜたFA20型とFB20型が採用されています。

 

2リッターNAエンジンのFB20型エンジンは、「2.0i」や「2.0i-L」、「2.0i-L EyeSight」、「2.0i-S EyeSight」の各グレードに設定され、最大で15.2km/Lという燃費性能を持つことが特徴となっており、ターボエンジンのFB20型は「2.0XT」と「2.0XT EyeSight」グレードに設定され、13.2km/Lという燃費性能と280psというハイパワーを持つものとなります。

 

トランスミッションは、最近の車がよく採用するCVT以外にも2リッターNAエンジンモデルだけですが、6速マニュアルトランスミッションを選ぶことができます。

 

それと意外と知られていないのですが、ミッションの選択によって4WDシステムも違うものが与えられ、リニアトロニックというCVTが搭載されているモデルには最新式にアクティブトルクスプリットAWDという路面状況や走行状態にあわせてトルク配分を行う4WDシステムが使われているのですが、2リッターNAモデルに用意されているマニュアルトランスミッションモデルには電子制御式ではなく、従来からあるビスカスカップリングをセンターデフに組み込んだタイプの4WDシステムが使われています。

 

この車のライバルとなるのは日産のエクストレイル、エクストレイルも最近モデルチェンジし新しい技術が採用されたクロスオーバーSUVとなり、フォレスターと人気を二分するようになりましたが、価格の面でフォレスターは不利になるので売り上げとしてはエクストレイルの方に分があるかもしれません。