スバル初のFRスポーツモデルBRZ

スバル初のFRスポーツモデルBRZ

スバル初のFRスポーツモデルとして発売された車がBRZです。

 

この車は表面上、トヨタのスバルの共同開発によって作られた車で、ライトウェイトFRスポーツをテーマに設計されました。

 

これはトヨタが過去の大人気車種AE86のイメージを持った新型モデルを作ろうとしたことに端を発するのですが、トヨタはあくまでもこういった企画と燃費を向上させるエンジンの直噴技術、販売戦略だけを提供しただけでそのほとんどをスバルに丸投げした形で作られた車なのです。

 

ですから、ボディからシャーシ、エンジン、トランスミッションのほとんどの部分がスバル製で、生産もスバルの工場を使っているという有様、いろいろ苦労しているのはスバルだけでトヨタは「新しい86です」といって車を売るだけなのです。

 

もはやこの車はスバルの車だといっても過言ではなく、86とBRZは兄弟車として平等に扱われていますが、BRZの方が本来注目されるべきなのです。

 

この車に搭載されているエンジンはレヴォーグなどに搭載されるようになったFA20型でレヴォーグはターボエンジンですが、こちらはNAエンジンで200psを発生するものとなっています。

 

トランスミッションは6速マニュアルトランスミッションと6速ATが用意され、駆動方式はトヨタの要望通りのFRとなっています。

 

燃費ですが最大で13.4km/Lとなっているのですが、これはちょっと悪すぎます。

 

なぜならレヴォーグに搭載されている同型エンジンで更に燃費に悪いといわれているターボチャージャーを搭載しているのにも関わらず、BRZよりも優れた燃費性能を持っているのです。

 

通常同じエンジンでNAとターボがあったら必ずターボエンジンの方の燃費が悪いのが普通です。

 

これはFRスポーツモデルであることを意識しすぎてエンジン特性を高回転型にしたことが大きな原因となっているようです。

 

グレードは、廉価グレードの「RA」、標準グレードの「R」、そして装備が充実している「S」と3種類が用意され、更に特別モデルとして、「RA」をベースにして作られたモータースポーツ用モデルの「RA Racing」があります。