WRX S4の仕様

WRX S4の仕様

新型車種として生まれ変わったWRXシリーズのおとなしいモデルとして作られているのがWRX S4です。

 

この車は同じWRXシリーズのSTIとは全く違うエンジンが搭載されており、トランスミッションもCVTが搭載され、どちらかというとWRXシリーズというよりか、レヴォーグのセダンモデルと思った方がいいでしょう。

 

プラットフォームは全てのWRXシリーズがレヴォーグと同じものを使っているのですが、S4はエンジンもトランスミッションもすべてレヴォーグの2リッターモデルと同じとしています。

 

エンジンはFA20型と呼ばれる直噴技術が採用されたターボエンジンでパワースペックも全く同じ300ps、トランスミッションもスポーツリニアトロニックといわれるマニュアルモード付きのCVTが採用されているのです。

 

もちろん足回りもブレーキ周りも全く同じで、CVTの変速幅も最終減速比も全く同じとなっているのです。

 

それからスバルご自慢のEyesightも標準装備されていることも同じです。

 

ちなみに燃費性能もボディ形状や重量にわずかな違いがあるのですが、13.2km/Lと同じです。

 

ここまで同じであれば何もWRXシリーズとして出さなくても、レガシィのようにレヴォーグ・セダンとして販売した方がよかったのではないかと思います。

 

ライバルはWRX STIがランサーエボリューションであることを踏まえて考えると、その廉価モデルであるギャラン・フォルティスということになるのですが、ギャラン・フォルティスは設計が古いので走行性能も車の出来もWRX S4の方が上ということになります。

 

グレード構成はSTIと同じように2種類しかなく、標準モデルの2.0GT EyeSightと装備が充実した高級モデルの2.0GT-S EyeSightが用意されています。